【車検費用】安くする方法。コスパよく業者を選ぶには?

車検は2年おき(新車は購入から3年後)に、受ける必要があります。1回で数万円~十数万円かかるため、少しでも安くしたいと思うもの。しかし、安い車検にはそれ相応の理由も。ここでは車検を安くするためのかしこい方法をご紹介します。

 

まずは車検にかかる料金の内訳を理解しておこう

車検の費用は大きく分けて2つ。どの業者を選んだとしても一律でかかる「法定費用」と、選ぶ業者によって違いがでてくる「整備費用」があります。

 

法定費用は大きく3つ

「自動車重量税」「自賠責保険」「検査手数料の印紙代」が法定費用となり、安くすることはできません。

以下のように車の種類で値段は変わります。

・軽自動車:約3万円

・小型の普通車(~1t):約4万3000円

・中型の普通車(~1.5t):約5万2000円

・大型の普通車(~2t):約6万円

 

業者によって整備費用で大きな差が

整備費用は車検を通すのに必要な「法定56項目を点検する費用」と、その項目が不合格ラインだった場合に「車を修理する費用」が含まれています。この点検費用や、修理費用が業者によって値段の設定に違いがあるため、車検にかかる費用が異なります。

 

車検費用を安くする方法

車検を最も安くする方法として、自分で車検をする「ユーザー車検」があります。これなら整備費用は自分でやりくりできるので安くおさえることができます。

 

しかし、車に関する正しい知識と技術を持ち、工具などの各種メンテナンス用品を自分で揃える必要があるため、ほとんどの人は業者に依頼することになります。業者に依頼する場合に、車検の項目を減らすことで安くする方法もありますが、こちらも同様に、普段から車のメンテナンスをしっかりと行えている人でない場合は、おすすめできません。

 

車検費用が安い業者はどこ?どの業者を選ぶのがいい?

主に車検をしてくれる業者は以下の5つ。

1.「ディーラー」

2.「民間整備工場」

3.「ガソリンスタンド」

4.「カー用品店」

5.「中古車販売店」

 

▼ディーラーは隅々まで整備してくれますが、お値段もそれなりです…

ディーラーは、次の車検までに故障や、故障による事故が起きないように

隅々までしっかり整備してくれ、純正のパーツに交換してくれます。

しかし、丁寧に対応してくれる分、どの業者よりも費用がかかることもあり、法定費用と別で十万円以上の値段になることもあります。

 

▼あまりに安い車検は要注意!

ディーラーに比べると、2~5の業者は10万円以下のところが多く、法定費用にプラス1~2万円で依頼できるところも。

しかし、安ければ良いというわけではありません。

車検は法定検査時に不良箇所が無ければ合格します。言い換えると、もうすぐ壊れそうでも今壊れてなければ合格します。

ですので、値段だけで選ぶのは要注意です。車検を通した翌月に壊れてしまった!なんてことが無いように、修理業者さんとよく相談して『今修理しなくてはいけない箇所』『半年以内に整備が必要な箇所』『1年以内に整備が必要な箇所』等の情報をもとに“車の状態”と“車検の予算”の折り合いがつく内容を選びましょう。また、見積りの内訳や枠外の注釈もきちんと目を通し、不明点は質問して確認するようにしましょう。

 

▼車検を安くするなら、割引や特典をかしこく使おう

車検を受ける際に、「早く予約をする」「代車を使わない」などの条件を満たすと、最大で1万円以上も割引をしてくれる業者があります。このような割引を利用することで車検を安くすることができます。

また、ガソリンスタンドであれば、割引のほかにガソリンの値引きや、洗車・車内掃除を無料でしてくれる店舗もあるので、よりお得感がアップします。

 

適切な値段+特典でかしこく安い車検を通そう!

車検は、毎日のように使う車を安全で快適に乗り続けるための大事なチェックであることは忘れてはいけません。

2年に1回の車検のときだけではなく、日頃から車の状態に気を配りメンテナンスもできると、よりいいですね!

「車検について聞きたい」「車検の見積りを…」とお電話または、お問い合わせフォームよりご連絡ください。給油の際に、店舗のスタッフにお声がけいただいてもOKです。

メンテナンスについても、いつでも気軽に御相談ください。

 

  • HOME
  • ネットでかんたん予約
  • 選ばれる理由
  • 割引特典・料金表
  • 車検の流れ
  • 安心保証
  • 店舗情報
  • 会社概要
電話予約 通話無料
  • 電話予約 通話無料
  • 電話予約 通話無料
  • 電話予約 通話無料
  • 電話予約 通話無料